■顔中心に頭や脇が多汗症で滝のような汗がでます。

 

普通の汗かきとは違う、
多汗症の気になる症状についてご紹介します。

 

 

 

・多汗症ってどんな症状?
・どうして大量の汗がでるの?
・多汗症の原因ってなに?

 

 

多汗症って、名前は聞いたことがあるけれど、
どんな症状なのだろうと思ったこと、ありませんか?

 

 

なんだか周囲よりも汗をかいている気がするけれど、
これってただの汗かき?とも思い、多汗症との違いって分かりにくいですよね。

 

 

実は私も、多量の汗に悩みながらも、
長年、自分は多汗症であると気づかずにいました。

 

 

多汗症の症状は人それぞれ。
これといった基準がないため、病院に行かないと本当のところはわからないんです。

 

 

「いつも手足が湿っている」「手を握っていたら汗がしたたり落ちてくる」
なんていう症状の場合は、多汗症かもしれません。

 

 

多汗症の症状は、手足だけでなく、顔や頭部にも。

 

 

顔から、頭から、激しい運動中でもないのに滝のような汗をかく場合には、
多汗症を疑ってみてもいいかもしれません。

 

 

多汗症とは、エクリン腺と呼ばれる汗腺からの発汗が異常に多い症状のこと。
そのため、大量の汗が出てくるんですね。

 

 

このエクリン腺からの発汗は、精神性発汗と呼ばれます。

 

 

精神性発汗の特徴は、手のひらや足の裏、脇の下や顔面などから大量に汗をかくこと。
体からはあまり発汗がない場合が多いようです。

 

 

確かに私は、顔と頭部から異常に発汗している間、
体が汗でびっしょりということはありませんでした。

 

 

このように、局所的な発汗である場合は、
やはり多汗症である可能性がとても高いと思います。

 

 

では、多汗症の原因は何なのでしょうか?

 

 

本来、緊張したときに汗が出たりするもの。

 

 

しかし、多汗症の場合は、緊張したときに発汗を促す
「交感神経」が敏感すぎるために、不要に汗をかいてしまうのです。

 

 

また、単に汗が多量に出るだけでなく、
更年期障害や、甲状腺機能亢進症、褐色細胞腫など、病気が隠れていることも。

 

 

多汗症は、「気にしすぎ」などではなく、
しっかりと対処が必要なもののようです。

 

 

■夏以外でもじっとしていても滝汗で恥ずかしい

 

「たかが汗が多めに出るだけでしょ?」ではない、
多汗症の悩みについてご紹介します。

 

 

 

・ただ汗が多く出るだけ?多汗症の悩みとは
・放っておくと、さまざまな支障をきたす可能性が

 

 

「多汗症」と聞くと、「ただ汗が多く出るだけでしょ?」と思う人が多いもの。
実際、私も、自分が悩むまでは「汗かき」の難しい言い方くらいに思っていました。

 

 

でも、実は全然違ったのです。

 

 

汗かきは、本来、みんなが汗をかいている時に、
その量が多い人のことを指しますよね。

 

 

運動中に、他の人の倍くらい汗をかいたり。
周囲が「暑いねー」くらいのときに、すでに汗をかきはじめていたり。

 

 

もしくは、緊張すると汗が止まらないという人もいるかもしれません。

 

 

多汗症の場合は、そういう「暑い」や「緊張」とは関係なく汗が噴き出してくるんです。

 

 

空調のきいた電車のなかで、急に顔から滝のような汗が噴き出したり。
家でのんびりしているだけなのに、手がびしょびしょに濡れていたり。

 

 

多汗症の症状は、本当に悩む人が多いものなのです。

 

 

暑くもないのにダラダラと汗をかいている状態は、恥ずかしいもの。
周囲の目が気になります。

 

 

手汗は、触れるものすべてが濡れてしまうので、
書類が濡れてしまうなど、本当に日常生活に支障をきたすことも。

 

 

そして、周囲の目と同じく気になるのが、ニオイです。
常に、「自分は汗臭いんじゃないか」と思いながら生活しているんです。

 

 

そのため、多汗症の症状がでると、外出がおっくうになる人が少なくありません。

 

 

せっかくメイクをしてもすぐに崩れてしまいます。
周囲の目が気になるので、外出が楽しくないんですね。

 

 

さらに、汗を多量にかくので、しっかりケアしなければ、
汗で蒸れて皮膚の炎症を起こしてしまうことも。

 

 

気になる周囲の目、皮膚の炎症、ニオイの悩み。
多汗症は、「たかが汗かき」ではない、深刻な症状なんです。

 

 

■局所多汗症の原因

 

ライフスタイルまで変えてしまう局所多汗症の原因を詳しくみてみましょう。

 

 

 

・精神的要因による多汗症
・ホルモンバランス、生活習慣の乱れも多汗症の原因に!
・実は他の病気かも?多汗症が別の疾患のサインに。

 

 

交感神経が敏感になりすぎるために起きると言われる局所多汗症。
でも、どうして交感神経が敏感になってしまうのでしょうか?

 

 

実は、局所多汗症には、いくつかの原因が考えられるのです。

 

 

まず、精神的要因による多汗症。
これは、別名、発汗恐怖症とも呼ばれます。

 

 

ストレスや緊張、不安を感じることで、交感神経が優位になり、
多量の汗をかくというもの。

 

 

つまり、交感神経が敏感になったというより、
もともと「交感神経が敏感な人」が多汗症になりやすいとケース。

 

 

実は、多汗症は遺伝するとも言われています。

 

 

まだまだ諸説ありますが、もともと交感神経が敏感な体質というものが
あるという可能性も否定できないようです。

 

 

この場合は、多汗症との付き合い方を考えていく必要があるかもしれませんね。

 

 

また、ホルモンバランスの乱れも、多汗症の原因となります。
有名なのは、更年期障害でしょうか。

 

 

ホルモンの分泌は、脳の視床下部でコントロールされています。

 

 

交感神経も同時にコントロールされているため、ホルモンバランスが乱れることで
交感神経のバランスも乱れ、多汗症になることがあるのです。

 

 

同時に、生活習慣も多汗症の一因と言われています。

 

 

たばこやコーヒーなどは、交感神経を刺激する中枢神経興奮剤という物質が
多く含まれているため、これらを継続的に過剰摂取していることで、発汗が促されることも。

 

 

更に、代謝の異常や内分泌異常、循環器系や中枢神経の疾患などを患っていると、
多汗症になるとも言われています。

 

 

多汗症が、他の病気のサインになっていることも少なくないのです。

 

 

こうして挙げてみると、多汗症の原因は本当に多岐にわたりますね。

 

 

局所多汗症は、体からのサインかもしれません。
原因はホルモンバランスから疾患の可能性までさまざま。

 

 

自己判断せず、一度医師の診察を受けてみるのもいいかもしれません。

 

■多汗症を手術で治す場合

 

辛い多汗症、手術で治すことができるのでしょうか?
多汗症と治療の現状をご紹介します。

 

 

 

・手術が有効と言われる多汗症の部位とは?
・どのような手術で多汗症を治療する?
・手術によるメリット、デメリットを考えて実施することが大切

 

 

多汗症に悩む人のなかには、手術してでも治るならばぜひ!と
思う人も少なくないもの。

 

 

実際、私も顔の多汗症に悩み、いろいろと調べました。

 

 

その結果、局所多汗症の中にも、
手術が有効とされる箇所とそうでない箇所とがあることがわかりました。

 

 

多汗症の手術は、その治療箇所によって実施内容が違います。

 

 

手のひらの多汗症の場合には、
ETSと呼ばれる腔鏡下胸部交感神経遮断術というものが行われます。

 

 

働きすぎて大量に発汗する交感神経を切ったり焼いたりして停止する方法。
そのため、多汗どころか、汗がぴったり止まるのが特徴です。

 

 

手術といっても、傷口はごく小さいもので、病院によっては日帰り手術が可能なことも。
案外手軽な方法ですね。

 

 

ただ、手のひらからの発汗を強制的に止めるため、
顔や頭など、他の箇所から出る汗が多くなることがあります。

 

 

この代償発汗は多くの人に見られますが、
その程度も、どこから発汗してくるかも、手術してみないとわからないそう。

 

 

手のひらの多汗症からは解放されても、
他の局所多汗症に悩まされる可能性があるのですね。

 

 

足の裏の多汗症には、腰部交感神経ブロックという方法がとられます。

 

 

足裏の汗腺を支配する交感神経にブロック針を刺し、
アルコールなどの薬液を注入し、発汗の指令をストップします。

 

 

足裏の発汗ストップには絶大な効果があると言われます。

 

 

ただ、男性の場合には射精障害が起きる可能性も否定できないと言われます。
慎重に検討する必要がありますね。

 

 

脇の多汗症には、せん除法という手術が主流。
ワキガの治療方法ですが、多汗症にも有効と言われます。

 

 

数時間の短い手術時間で終わるのですが、術後処置に時間がかかり、
治療期間が1週間以上かかることも珍しくありません。

 

 

また、術後に色素沈着など見た目が悪くなってしまう可能性も否定できないため、
特に女性は慎重に検討したほうがいいかもしれません。

 

 

そして、私が一番気になっていた顔の多汗症。
実は、これに関しては、有効な手術方法というものが確立されていないとのことなのです。

 

 

さまざま調べ、病院によって独自の治療方法を掲げているところもありましたが、
一般的に使用されている手術方法はないようです。

 

 

とてもがっかりしましたが、
顔の多汗症は手術以外の対処方法が必要であることが分かりました。

 

 

先にご紹介した手術可能な手や足、脇などの場合も、
手術にはメリットとデメリットがあります。

 

 

多汗症の治療を手術で実施する場合には、必ずその両面をしっかり確認し、
医師とよく相談してから実施することがとても大切です。

 

 

■ボトックス注射の費用と持続期間

 

短時間で終了し、副作用の心配がほとんどないと言われるボトックス注射の
気になるあれこれをご紹介します。

 

 

 

・ボトックス注射は脇下の多汗のみ保険適用
・費用は注射の量次第、病院次第
・気になる注射の持続期間

 

 

汗腺を衰えさせるボツリヌストキシンを多汗の箇所に直接注射するボトックス注射。

 

 

15分程度で処置が済み、すぐに普段通りの生活ができる手軽さから、
近年注目されている多汗症対策です。

 

 

注射だけで多汗症が改善するなんて、夢のような話ですので、
さっそく、いろいろと調べてみました。

 

 

まず、気になるのが費用ですよね。

 

 

ボトックス注射は、脇下の多汗症対策にのみ、保険が適用されます。

 

 

私が悩む、顔や頭部は保険適用外。
ちょっと残念ですが、仕方ないですね。

 

 

同じく、悩む人の多い手のひらや足の裏などの局所多汗症にも、
ボトックス注射は保険が適用されないようです。

 

 

そのため、実際の費用は病院次第。
そして、注射の量次第で大きく変動するのです。

 

 

私が問い合わせをした美容外科クリニックでは、手のひら1回39,000円ほど。
頭皮の汗止めは80,000円弱。
背中全体の場合は15万円弱という高額でした。

 

 

やはり、広範囲になると金額が高くなりますね。

 

 

この金額でどれくらいの期間効果があるのでしょうか?

 

 

効果の持続期間については、個人差が大きいようです。
一般的には4か月程度と言われます。

 

 

しかし、最近のデータでは半年程度効果が持続したという人も多くいるようです。

 

 

さらに、精神性発汗の場合には、一度の注射で長期間多汗の症状が改善したという話も。

 

 

精神性の場合は、注射により、多汗を心配するという不安感がなくなり、
状況が劇的に改善したと考えられます。

 

 

このように、症状の原因や体質等で大きく変わってきますが、残念ながら現段階では、
注射を打てば恒久的に多汗症状が改善するとは言えない状況です。

 

 

また、実は調べている中で、全ての病院で頭部および顔の多汗症に
ボトックス注射をしてくれるわけではないという事態に直面しました。

 

 

理由としては、比較的多量の注射が必要になること、なにより、頭部への使用の安全性が
十分に確立されていないことから、敬遠する医師も少なくないようです。

 

 

もし私と同じように頭部や顔からの多汗に悩んでいる人で、ボトックス注射を
検討する場合には、まず部位的に可能かから相談するようにしましょう。

 

 

■塩化アルミニウム、ミョウバン、重曹、フェノキシベンザミン、ノロパンテリンで治せる?

 

多汗症に効くと言われるお薬、気になるその効果を調査しました。

 

 

 

・どうして効果的?塩化アルミニウムが治療に効果的な理由
・頭部や顔の多汗症には低刺激のものを選択する
・薬の使用は根本解決にならない?

 

 

多汗症を治してくれるお薬にはどんなものがあるのでしょうか?
現在、多汗症の治療薬として広く用いられている成分が、塩化アルミニウムです。

 

 

塩化アルミニウムは、手のひらや足の裏、脇などの局所多汗症に高い効果を発揮します。

 

 

塩化アルミニウムを汗をかきやすい箇所に塗ると、
水素イオンが汗腺部分に働きかけ、汗を生成しずらい状態にします。

 

 

そのため、多汗症の症状を抑えることができるのですね。

 

 

同じような効果が、ミョウバンや重曹にも。

 

 

塩化アルミニウムの方が効果が高いのですが、刺激が強いため、
頭部や顔などデリケートな部分への使用は注意が必要です。

 

 

ミョウバンや重曹などは、比較的手軽に手に入り、低刺激な点が嬉しいですね。

 

 

同様に、経口薬として使用されるフェノキシベンザミンやノロパンテリンも、
刺激を避けたい箇所の多汗症に悩む人に使用されています。

 

 

ただ、これらの治療方法は、基本的には毎日使用することはできません。

 

 

塩化アルミニウムは刺激が強いため、皮膚の炎症の元になります。
経口薬は継続して使用することでその効果が薄れてしまうと言われています。

 

 

多汗症の症状に確かに効果的な薬ですが、根本的な解決にはならないかもしれません。

 

■漢方で治せる?漢方一覧

 

体の調子を整えてくれるという漢方で、
多汗症を治療する方法を調べてみました。

 

 

 

・精神性多汗症の場合に効果的な漢方
・ホルモンバランスの乱れが原因の場合におすすめの漢方
・漢方が有効でないケースとは?

 

 

体に優しいイメージがある漢方。
体の状態を正常な状態に戻してくれる漢方なら、多汗症を治せるのでは?と思い、
いろいろと調べてみました。

 

 

まず、精神性多汗症には、「柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」や
「柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)」などが有効。

 

 

精神不安があったり、動悸、不眠などがあるという場合に有効で、
更年期神経症の治療にも使用されます。

 

 

ホルモンバランスの乱れが原因の場合には、「加味逍遥散(かみしょうようさん)」や
「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」などが効果的。

 

 

これらは更年期障害のほてりなどを改善する漢方としても知られ、
ホルモンバランスの乱れを治したり、自律神経を整える効果があると言われています。

 

 

漢方は、体質や症状にあわせて処方されるため、専門医に相談すると良いですね。
もちろん、体質改善をしていくため、即効性は求められません。

 

 

今、流れ落ちるこの汗を止めたい!という場合には、
漢方では間に合わないでしょう。

 

 

また、残念ながら、漢方が効果的でないと言われるケースもあります。

 

 

それが、遺伝性の多汗症の場合。
漢方の体質改善では、遺伝的要素のあるものは改善が難しいと言われています。

 

 

■ツボ押しは気休め程度

 

このツボを押せば汗が止まる!実はそれ、気休め程度かもしれません。

 

 

 

・民間療法として知られる多汗症のツボ押し療法
・精神的なストレスからくる多汗症には少し効果あり?
・ツボ押しの効果は一時的

 

 

どうしても止まらない汗に悩む多汗症。

 

 

そんな多汗症の治療として、民間療法であるツボ押しを実践している人も
いるようなのです。

 

 

ツボを押して多汗症に効果があるのでしょうか?
気になって調べてみました。

 

 

ツボは体の至る所にあり、刺激する箇所によって効果が異なります。

 

 

例えば、多汗症の一つの原因である自律神経の異常を治すには、
「身柱(しんちゅう)」と呼ばれるツボを刺激すると良いとか。

 

 

体の熱を鎮めてくれる効果があるので、
自律神経の異常に伴う発汗を抑えてくれると言われています。

 

 

他にも、「こうけい」というツボも体の熱を鎮めてくれる効果が。

 

 

「復溜(ふくゆ)」というツボは、体の熱を鎮めるだけでなく、
体の中の水分をコントロールすることで発汗を抑制してくれると言われています。

 

 

ただ、ツボを押すだけで完全に多汗症の症状が改善するということはありません。

 

 

また、もし効果があったとしても、それはとても一時的で短時間の効果にとどまるでしょう。

 

 

そういう意味では、ツボ押しでの多汗症治療は、気休め程度と言えそうです。

 

 

他の治療方法を実施していて、少し暇なテレビを見ている間に
何気なくツボを刺激してみる、程度に使用すると良い方法かもしれません。

 

 

■顔用の制汗剤「サラフェ」の成分と口コミ

 

とにかく今、流れ落ちるこの顔汗を止めたい!
そんな人に大人気のサラフェについて、気になる情報をご紹介します。

 

 

 

・顔汗を驚くほど止めてくれるサラフェの気になる成分とは?
・本当に効果あり?口コミ情報ご紹介
・手軽で継続して使用できることが嬉しい!

 

 

多汗症治療のため、体質改善などを実施するのはいいけれど、
とにかく今、この流れ落ちる汗をどうにかしたい!そんな人、多いと思います。

 

 

ただ、手術はその費用とデメリットが気になって踏み切れない。
薬も毎日は使用できない。

 

 

そんな悩みを解消してくれるものを探していたところ、
話題になっているサラフェに出会いました。

 

 

サラフェとは、顔用の制汗剤。

 

 

メイクの前にさっとひと塗りするだけで、顔からの発汗を驚くほど抑えてくれるんです。

 

 

どうして、そんなに手軽に顔汗をおさえてくれるのでしょうか?
その秘密は、サラフェの成分にあり。

 

 

注目すべきは、パラフェノールスルホン酸亜鉛という成分。

 

 

発汗を抑える成分として効果が認められている薬用成分です。
この成分を配合しているため、サラフェを塗ると発汗を抑えることができるんですね。

 

 

もちろん、顔用と明記してありますので、制汗成分以外に、
お肌に優しいケア成分もふんだんに使用。

 

 

シャクヤクエキスやワレモコウエキスなどの天然植物エキスが、
お肌の調子を整えてくれます。

 

 

そんな話題のサラフェ、
実際に使用した人はどのような感想をもっているのでしょうか?

 

 

口コミ情報を確認してみました。

 

 

◇顔からの異常な汗が気になって、外出がおっくうになっていました。
 そんな時にであったのがサラフェ。半信半疑で使用開始。
 効果は絶大でした。
午前中に完全に流れ落ちてしまっていたメイクが、夕方までもったんです。
私にとっては快挙。使用を継続します。

 

 

◇朝、簡単に塗るだけでこんなに効果があるなんて。
 最近では、汗に悩まないだけでなく、テカリもない快適なお肌です。
 私の秘密の化粧下地になっています。

 

 

このような、嬉しい声が多数。
まさに私が探していたものだと思いました。

 

 

本当に、顔からの汗って、周囲の目が気になるんです。
そのため、ついうつむきがちになったり、外出をためらったり。

 

 

多汗症って、ライフスタイルまで変えてしまうんですよね。

 

 

でも、確かな効果のサラフェを使用すれば、
本当に驚くほど顔の汗を止めてくれます。

 

 

更に嬉しいのが、継続して使用可能であること。

 

 

お肌に優しい成分なので、毎日、継続して使用して問題なし。
一時的な効果じゃないことが嬉しいですよね。

 

 

多汗症の根本解決には時間がかかることが多いもの。

 

 

まずはサラフェで「今」の汗をとめつつ、
ゆっくり根本解決をしていく、というスタイル、
おすすめです。